ねんねへの道①

こんにちは!

京都・四条烏丸 のパーソナルトレーニングジム 祥桃舎 LPS Fitnessです。

 

世界で一番かわいい赤ちゃんだけど、

ほとほと困った夜泣き問題😭

 

なかなか眠ってくれなかったり、

何度も目がさめては泣き出してしまったり…💦

忙しいママにとって、

赤ちゃんの睡眠はもちろんですが、

ママの睡眠時間の確保だってとっても大切です🤔

 

ママも赤ちゃんもぐっすりと眠れるよう、

今回からは夜泣きについてお話ししていきますね💤

 

まず、絶対に覚えておいてほしいことが

「ママのせいではない」ということです👼

 

日本ではご近所との距離が近いという住宅事情などに加え、

まじめで勤勉なママが多いので

「早く寝かせなくちゃ」と焦ってしまいがちです⤵️

 

けれど、「昼泣き」という言葉がないように

そもそも赤ちゃんは泣くものなのです👶

たまたま泣いているのが夜というだけなので、

自分を責めたりプレッシャーを感じたりする必要はありません☺️

いつかは必ず治まるものなので、

できるだけおおらかに構えていてくださいね😁

 

それでは、赤ちゃんが心地よく眠れるように

まずは赤ちゃんが眠れない原因を探っていきましょう💡

このようなことはありませんか?⬇️

 

・朝起きるのが遅く、生活リズムが崩れている

・おむつが濡れている

・おなかが空いている

・お風呂やごはん、遊びの直後で興奮が冷めていない

・身体の具合が悪い

・環境が整っていない(うるさい、まぶしい、暑い等)

・昼間あまり動いておらず体力が余っている

・そもそも眠くない(大人の都合で寝かせようとしている)

 

大人にとっては些細なことでも、

赤ちゃんにとっては大問題のこともあります😅

 

もしも思い当たる箇所があれば、

それを取り除いて改善するところからはじめましょう💫

 

特に0~3ヶ月の赤ちゃんは、環境や生活リズムを整えるだけで

改善されることも多いのです✨

できることからひとつずつ始めていきましょう😉

 

続きます