ねんねへの道③ 続・0~3ヶ月の場合

こんにちは!

京都・四条烏丸 のパーソナルトレーニングジム 祥桃舎 LPS Fitnessです。

 

前回の記事では、

0~3ヶ月の赤ちゃんは

・寝ぼけている場合はしばらく様子を見る👀

・日周リズムを整える☀️🌙

ことが4ヶ月以降の本格的なねんねの練習への

スムーズな移行の下準備になるとお伝えしました。

 

今日はそれに加えて、

プレねんね練習でのおすすめ習慣をお伝えします。

 

ねんね練習で最も大切なことは、

「これがなくては眠れない」

という癖を付けないことです。

 

ママのおっぱいを飲みながらや

抱っこで揺らされながらや

車でないと眠れない……😵

 

そういった条件を

赤ちゃんに覚えさせないことが大切なのです。

赤ちゃんは大人が想像している以上に

ずっと賢いですから、

まだ小さいし…と眠る前にあれこれ構っていると

あっという間に覚えてしまいます🕵

 

そのために、

もし赤ちゃんが眠そうな様子を見せたら

抱いた状態のままで眠らせるのではなく

すぐにベッドに向かいましょう🏃🏃

 

☝️その際、お布団が冷たいままだと

びっくりして目が覚めてしまうことがあるので、

暑くない程度に温めておくことがミソです☝️

 

また、これは少しコツがいるのですが、

抱っこ状態から下ろす時にママの温もりが離れることに

ぐずってしまう赤ちゃんもいるため、

①抱っこしたままで赤ちゃんを布団に押しつけ

(お母さんの身体と布団で赤ちゃんを挟みこみ)、

②身体は赤ちゃんに密着したまま

腕だけを赤ちゃんの背中から抜いた後で、

③顔は近づけたまま少しずつ身体を離していき、

④最後に顔を離す

という技も使えますよ!

 

ここでうっかり背中をとんとん叩いたり

してしまわないよう気をつけましょう😅

かわいい我が子ですが、ぐっと我慢して

うとうと姿を見守る程度がいいですね☺️

 

もちろん例外は多々あり、

たとえば1ヶ月程度の赤ちゃんだと、

体力がなくおっぱいを飲んでいる途中で

疲れ果てて眠ってしまうこともあるのですが

そこで引き離そうなんて思わないですよね。

外出中も厳しい💦

子育てはケースバイケースの連続ですからね😂

 

だからこそ、あらゆる条件のもとで

「それでも寝る」

ができる赤ちゃんは強いのです😘

 

ねんねの練習がスムーズにいくと、

ママも笑顔で過ごせるばかりではなく

赤ちゃんにとっても気持ちの良い1日が過ごせます。

いつでもにこにこ親子でいたいですもの♥️

 

次回は4ヶ月以降の、本格的なねんねについてです。