人は水分が6割

こんにちは!

京都・四条烏丸 のパーソナルトレーニングジム 祥桃舎 LPS Fitnessです。

 

梅雨も明け、いよいよ夏本番!

急に暑くなりましたね〜☀️

 

こう暑くなると不安なのが熱中症ですね。

実は、8月より7月の方が

熱中症にかかる人が多いのです😲

 

「梅雨寒」と言われるほどの涼しさから

一気に上昇する気温に

身体がまだ慣れていないんですね💦

 

ということで、

今日は熱中症を予防するために

重要なポイントとなる

水分補給をテーマにしていきます☝️

 

有名な話ですが、

人の体重の約60%は水分です。

半分以上が水ということですね👀

 

水分は体液や血液となって

酸素や栄養分を運びながら身体中を循環し、

また尿となって老廃物を排出することで

生命を維持してくれています✨

 

それに加えて、悩みにされがちな汗も

熱地獄において一定の体温を守るという

非常に大切な働きをしてくれているのです😉

 

と、

これだけのウェイトを占めている水ですが、

特に暑い日に激しい運動をすると

15ℓもの水分を失うこともあります😨‼️

……というのはさすがに極端な話になりますが、

人の平均的な水分喪失量は

一日で約2.5ℓとされています。

 

毎日生活する上で、

2.5ℓの水分が出りしているんですね。

そんなに水を飲まないわ!という人でも

食べ物に含まれている水分が意外にあるんです👌

 

とはいえ、

やはり食べ物だけで十分な水分をとるというのは

少し難しいように思います😅

やはり水は水として、特に夏場は

積極的に飲んでいきたいところですね🌻

 

では水の飲み方に進めますが、

「喉が渇く前に水を飲むこと」

と聞いたことはありませんか?👂

 

その理由は、喉が渇いてから飲む水の量は

身体が欲している量の3分の2しか満たないからです😖

自覚が難しいため、喉の渇きを癒やす量よりも

少し多めに飲むことを心がけたいということですね⭕️

 

特に運動時は多くの水分が必要になりますから、

運動の2時間前には

250〜500㎖の水分をとるようにしてください。

細かい数字に興味が無い場合は

「運動前は多めに飲む!」で大丈夫です😁

 

さらに、運動中は15分ごとに

200㎖をとれると理想的です。

マラソンの給水所もそのように計算して

設置されているんですって👀

「運動中はこまめに飲む!」ですね🎵

 

では、ここで

・水だとお腹がたぽたぽになっちゃう😵

・スポーツドリンクが飲みたい!😆

という場合について考えてみましょう。

 

次回に続きます♥️