とりあえず水だけ飲んでおけばいい?

こんにちは!

京都・四条烏丸 のパーソナルトレーニングジム 祥桃舎 LPS Fitnessです。

 

水分が重要!なのは知っているけれど…

・水だとお腹がたぽたぽになっちゃう😵

・スポーツドリンクが飲みたい!😆

という場合はどうしたらいいのでしょう。

 

大切なのは、身体にとってどれだけ

水分が効率よく補給されるか?ですよね。

 

飲料は、体内への吸収という視点で見たとき

3種類に分けることができます。

 

・ハイパートニック(高張液)

・ハイポトニック(低張液)

・アイソトニック(等張液)

 

もしかしたら、これらの言葉を

高校の理科で聞いたことがあるという方も

いるかもしれませんね😉

 

人間の体液を基準に、

その浸透圧より高いか低いか、それとも同じか?

という分類になっています。

(浸透圧をざっくり言うと、

細胞膜の間を水分が移動する力です)

 

そして、とにかく効率よく水分を補給するには

ハイポトニック飲料がおすすめです。

これは「体液以下の浸透圧」でないと

水分が身体に移動(=吸収)されないためです☝️

 

炎天下でぶどうジュースやシェイクを飲んだら…

と想像するだけで更に喉が渇く気がしませんか?😅

自分でとどめを刺さないように気を付けましょうね!

 

となると、

それならキングオブハイポトニック、水で!

と思ってしまいがちなのですが

これはこれで問題があるのです。

 

汗は真水じゃないんですよね〜💦

 

汗にはナトリウムやマグネシウムといった

ミネラルが含まれているため、

それを無視して水ばかりを取っていると

身体のバランスが崩れてしまうのです😵

 

つまり、理想の飲料は

体液に近い成分であることですね!

ここで「ええ〜それならアイソトニックでは?」

と思われた方は鋭いですよ🎯

 

とっても専門的な話になってくるのですが、

安静時と運動時で、

身体の浸透圧は変わってくるのです🏊

 

そのため、

運動前後(安静時)はアイソトニック飲料、

運動中や運動直後はハイポトニック飲料にしましょう😘

 

それでは、次回

具体的なハイポトニック飲料、アイソトニック飲料の選び方

に参ります♥️