困ったときはこれを飲め?

こんにちは!

京都・四条烏丸 のパーソナルトレーニングジム 祥桃舎 LPS Fitnessです。

 

本日は、運動前後と運動中に

具体的にどんなものを飲めばいいか?

というお話です。

 

まず運動前後(安静時)の

アイソトニック飲料(等張液)ですが、

だいたい塩分が0.1~0.2%、

糖質が約4~6%のものを指します。

これだと成分や浸透圧が体液に近くなるため

水分、糖質、塩分がバランスよく吸収されます☺️

 

商品名でいえば、

O塚製薬のPスエット、

C・コーラのAクエリアス、

SトリーのGリーンDカラなどが

これにあたりますね!

(Pスエットはやや糖質高めなので

ハイパートニック(高張液)寄りにはなりますが

逆に言えばエネルギー補給も兼ねられます💪)

 

次に、運動中は

アイソトニック飲料では吸収速度が遅くなるため

ハイポトニック飲料(低張液)を選びましょう。

こちらは塩分が0.1%程度、糖質も2%程度と低めです。

商品名でいうと

M治のVウォーター、

AのS H2O

などですね🐠

 

アイソトニック飲料に比べて

誰もが知る大ヒット商品!

というものが少ないのは、甘さ控えめで

味が薄いと感じるからかもしれません😑

けれどそれだけ水分補給に特化しているという

強みがありますので、

運動中には積極的にとるようにしたいところです✨

 

ちなみに、

経口補水液を「おいしい!」

と感じる人はかなりの少数派だと思いますが、

こちらは塩分濃度が0.3%程度と高め、

糖質が1.35〜4%と低めのものを指します。

 

特に脱水が進んでいるときや、下痢、嘔吐などで

命の危険まで感じるようなときは

四の五の言わずにこちらを選ぶようにしましょう💉

代表的なものではO塚製薬のOS-1があります😉

 

もうすぐお盆ですね🏮

炎天下の中を何キロも歩くような場合やスポーツ観戦時など、

スポーツドリンクを買うときは

ラベルやイメージ、味だけではなく

栄養成分表示をしっかりと見て

目的や用途に沿って選ぶようにしましょう♥️