情けは人のためならず

こんにちは!

京都・四条烏丸 のパーソナルトレーニングジム 祥桃舎 LPS Fitnessです。

 

これまで、

幸せ感度を上げるにはオキシトシンを分泌するのが一番!

というお話をしてきましたが…

 

それではオキシトシンの分泌方法を確認していきましょう🌟

 

一番手っ取り早いのはスキンシップです☺️

抱きしめ合ったり手を繋いだりマッサージをしたり、

考えただけで心がほっこり温まりますね☀️

 

恋人や配偶者だけではなく、同性の友達でも構いませんし

ペットやぬいぐるみ、抱き枕でも大丈夫です🌷

エステを受けることもいいですよ😉

 

「皮膚は露出した脳」という言葉もあるほどですので、

好き〜💕と思えるものと肌で触れあうことが大切なのです。

 

逆を言うと、これはイヤな相手とやっても効果はありません😅

癒やされるどころかストレス倍増ですね!😂

 

シャイでスキンシップが恥ずかしいという場合は、

言葉から始めてみましょう🎵

「素敵!」「かわいい!」「カッコイイ!」「大好き!」

「おいしい!」「嬉しい!」「楽しい!」「幸せ!」

など、ポジティブな言葉を使っているとき、

オキシトシンが分泌されているのです✨

 

頭の中で思うだけでもいいのですが、

口に出すことでさらに分泌量が増えます👄

何せ絆ホルモンですからね💛

そんな柄じゃない!と思われる方は

「おはよう」や「よろしくね」、「いただきます」、

「ありがとう」などの言葉でも十分効果的ですよ😘

 

それでさえ無理💦という場合は!

・目を合わせる👀

・無言でも道や席を譲る

・ドラマや小説、漫画、映画を見て感動する

などからできそうなものを行ってみましょう🌈✨

 

ところで…

 

こうして並べてみると、

「あらゆるものを見ては感動し、素直に喜んで、

目を合わせて『大好き!』と言っては

ハグしていくような人になれってこと?

そりゃあ、そんな思考ができりゃあ

オキシトシンも幸せもダダ漏れでしょうよ!👹

そんなことをしてくれる人がいるのなら

こっちだってお返ししてあげるけど!👹」

と言いたくなりますね😅

 

ですが、

不思議なことにこれらの行為は全て

「行われる側」ではなく「行う側」の方が

オキシトシン分泌量が多いということが分かっているのです💡

 

マッサージされるよりマッサージする側、

褒められるより褒める側、

親切にされる側より親切にする側

の方が幸せを感じやすいということですね✨

意外ですよね〜!

 

ハッピーな刺激を待つのではなく、

自分から与えていく人になることが

オキシトシン爆発のコツなのです💕

「情けは人のためならず」とは

まさにこのことですね😂

 

論より証拠、ものは試し!

小さなコミュニケーションから始めてみましょう♥️