便秘解消☆実践編

こんにちは!
京都・四条烏丸のパーソナルトレーニングジム 祥桃舎 LPS Fitnessです。
前回は、便秘になるのは「押し出す力」が弱っているからかも?👀

ということをお話ししましたね。

 

ということで、
今日は便秘解消のための「押し出す力の高め方」についてお伝えします💋

 

まずひとつめ!

腹筋にもいくつか種類があるのですが、とにかく手始めに腹横筋を鍛えましょう🏋

 

腹横筋はお腹にコルセットのように巻きついている筋肉で、
これがぐっと締まることによってお腹の中の圧が高まり、便が押し出されるのです😉
腹横筋を鍛えるとお腹の自動ポンプ機能が強くなりますよ✨

 

そして、腹横筋を鍛えるには
長ーーーーく息を吐くことが一番です💪
息を吐いて吐いて吐いて、最後の最後まで絞りきるとお腹が薄ーくなっていますよね?
これは腹横筋が収縮している証拠です💘
叩いても平気なぐらいの薄くて硬いお腹を目指しましょう!

 

ウエストを締める効果もありますよ💓

☆腹横筋の鍛え方①

☆腹横筋の鍛え方②

 

また、このトレーニングを行うと副交感神経が優位になり、リラックス効果も得られるため
メンタル面からもお通じがよくなるというメリットがあります💕

 

次にふたつめ!

腹筋中の腹筋、腹直筋を鍛えることです🏋️

と言っても、便秘対策に重要なのは腹直筋の中でも下の方になりますから

映画や漫画なんかでよく見るような頭や肩甲骨を持ち上げる腹筋よりも

足を持ち上げる「ニートゥーチェスト」という腹筋がおすすめです🌈

 

腹筋下部を鍛えることによって腸に刺激が与えられ、便の流れがよくなります✨

下腹のぽっこりも引き締められるので見た目も綺麗になりますよ💖

 

【ニートゥーチェスト】

①椅子に浅く腰掛け、上体を軽く後ろに倒し、お尻の後ろで座面をしっかりと持つ

②足を持ち上げ、膝を胸に引き寄せる

③足を伸ばす、できれば地面につかないように

②,③を繰り返す

 

10回3セットを目安に、楽だと思える場合はペットボトルなどを足に挟んで

負荷を調節してください😙

 

もしもニートゥーチェストがつらい場合は、

仰向けに寝転んだ状態で片足を上げましょう。

股関節、膝、足首が90°になるところをゴールにし、ゆっくりと繰り返します。

負荷を掛ける場合は、足を伸ばしたときに踵が床に付かないように耐えてみてください😂

これも片足につき10回ができるように頑張りましょうね💪✨

 

トレーニングを始めて便秘から解放される方は多いですよ〜☀️

なるべく自然な形でお通じが来るように、

自分のポンプは自分で動かせるようになりましょう!

 

次回は番外編です♥️