二度あることは三度ある

こんにちは!
京都・四条烏丸のパーソナルトレーニングジム 祥桃舎 LPS Fitnessです。

本日は筋トレについての豆知識です💪

 

なんとなく、トレーニングと言えば

「10回×3セット」というイメージがありませんか?

 

当ジムでも、

「はーい、3セット目も10回頑張りましょう!」と言っては

「まだやるんですかぁ〜💦」と嫌がられています😅

 

気持ち的に辛い10回3セットですが、

これにはちゃんとした理由があるのです💡

 

まず、なぜ10回か?という話ですが、

この10回は適当に流しての回数ではなく、

「もうこれ以上は動けない!11回目は潰れちゃう!」という本気具合での10回です。

 

スタイルアップしたい女性やムキムキになりたい男性の場合、

目指すのは筋肉をつけること…つまり筋肥大ですよね😊

8〜12回のトレーニングでヘトヘトになるぐらいの負荷が、

筋肥大には最も効果が高いのです✨

 

そして、その中でもトレーニングを行う部位や方法によって

8〜10回が目標のものと10〜12回が目標ものに分かれているため

キリのいい10回で終わるトレーニングが多くなるというわけです💡

(時々、様子を見ながら「あと2回!」と付け足すときのブーイングは

「パーソナルトレーニングあるある」かもしれません😂)

 

反対に、少ない回数でのトレーニングはパワーが付きます。

例えばウエイトリフティングだと1回で爆発的な力を出しますよね!

いかに強い力を発揮するか?ということが目的なら

負荷を上げて1〜3回で動けなくなる線で行いましょう😉

怪我をしやすいので気を付けて下さいね⚠️

 

また、軽めの負荷の高回数は筋持久力がつきます。

これは体力というより、筋肉自体がどれだけ頑張れるか?ということですね🤔

ピッチャーやチアリーダーなど、最後の最後まで絶対にフォームを崩したくない!

という明確な目的がある人におすすめです。

この場合は、15~30回が限界になるように負荷を設定しましょう🚩

 

自分がトレーニングをすることによりどうなりたいのか、

何を得たいのかを常にイメージしながら強度を調節することが目標達成の近道です☀️

身体も頭も使っていきましょう♥️

 

次回はなぜ3セットなの?というお話です😘